Photoli

Original
写真通信 2017.09.01

初心者必見!フィルムのある生活の始め方~フィルムカメラのすすめ~

こんにちは、kitaです。

私は両親が撮っていた幼少期のアルバムを見返した際に
フィルムカメラに興味を持ちました。

それをきっかけにフィルムカメラを始めようと考え、一番初めに手にしたのは使い捨てカメラの「写ルンです」でした。
撮り終え、現像して見たフィルムならではのあたたかさや色合いに魅力され、
その後35mmのフィルムカメラを購入し撮るようになりました。
今でもフィルムに魅了され続け、フィルムカメラで写真を撮っています。

今回はフィルムカメラをはじめてみたい、という人へ向けて記事を書きました。
なかなか手を出しづらいと言われているフィルムカメラですが、デジタルカメラとは一味も二味も違った魅力を持っています。

フィルムカメラに興味があるけどまだ手を出せていない、そんな人の背中を少しでも押せたら幸いです。

フィルムカメラとは

35mmフィルムカメラ


まずフィルムカメラには大きく分けて
35mm フィルムカメラ
中判カメラ
大判カメラ
の3種類があります。

はじめてフィルムカメラを購入するのなら、
この中でも一番スタンダードである
35mmフィルムカメラを選ぶのが良いと思います。
私も35mmのマニュアルカメラを愛用しています。

写真を撮るごとにシャッタースピード、絞りを決め、ファインダーを覗きながらフォーカスを合わせます。
私はフィルムカメラで写真を撮るまでのこの一連の流れがとても好きです。

シャッタースピード、絞りなどに関してはこちら

露出に関しては、カメラ内に露出計がついているものや、別途で露出計を準備して撮る人が多いと思います。

ですが、私の場合はいつも勘に任せて露出を決めて写真を撮っています。
自分に似合ったスタイルで写真を撮れたら良いと思います。

35mm フィルムカメラの作例




フィルムとデジタルの違い

次に、フィルムとデジタルの違いに関してです。
簡単にいうと、デジタルカメラはレンズが取り込んだ光を画像にする機械がカメラに組みこまれているのに対し、フィルムカメラはその部分がフィルムになっているのです。

よって、デジタルなら撮った後にすぐ写真が見れますが、フィルムだと現像するまでどんな写真が撮れているのか見れません。

もどかしく感じる方もいると思いますが、どんな写真が撮れてるかな?と現像するまでのわくわくした気持ちが楽しみでもあります。
また、一枚一枚を大切に撮るようになったと私は感じています。

フィルムの種類


フィルムカメラで写真を撮るためにカメラに入れるフィルムですが、様々な種類があります。
金額も1本500円程の安いフィルムから1000円以上するフィルムまで幅広くあります。

私の場合、たくさん写真を撮りたいので
業務用フィルムなど、安価なフィルムを好んでよく使っています。色味も気に入っているのでとても助かっています。

はじめは色々なフィルムを使ってみて好きなフィルムを見つけるのも楽しみの一つだと思います。


現像について


フィルムの現像についてですが、フィルムカメラは撮影したあと現像という作業が必要です。一般的にはカメラ屋さんなどにフィルムを持って行き現像してもらいます。

その際、フィルムカメラで撮った写真をどのように携帯などに移しているのですか?という質問をよくもらいます。

私の場合は現像の際にデータ化でお願いし、その後はパソコンから携帯といった流れで携帯でも写真を見れるようにしています。
私がお願いしているお店ではフィルム一本の現像+データ化で1200円程になります。
お店によって色味を希望出来たりもするので、
現像に関しても好きなお店を見つけられると良いと思います。

最後に


いかがでしたでしょうか?

少しでもフィルムに興味を持っていただけたのなら嬉しいです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

キーワード

  • カメラ
  • 日常生活
  • 幻想的
  • フィルムカメラ
  • フィルム
  • 生活とフィルム

このライターの他の写真通信

フィルムカメラ Original

2017.09.01

初心者必見!フィルムのある生活の始め方~フィルムカメラのすすめ~