Photoli

Original
写真通信 2018.02.06

いつもの撮影にアクセントを!景色を全部とじこめよう。ガラス玉写真のススメ

Original

こんにちは。冬になって寒すぎてぜんぜん布団から出られない涼です。

今回は、持っているだけで楽しい撮影になる小物を紹介したいなと思います!
それは!!こちら!

ガラス玉を使用して撮影した写真

「ガラス玉」です!!

ガラス玉写真のいいところ!

今回紹介しようと思った大きな理由!
透明な素材の球を景色にかざすと見える景色がすべて逆さまになって映り込むんです!
写り込んだ全景がうっすらボケて背景に見えるのがとても幻想的です!

ガラス玉を使用して撮影した写真

幻想的じゃないですか?
この記事では、ガラス玉を使った写真を撮る時に気をつけるべきポイントやおすすめの景色を紹介します!!



ガラス玉を撮る時に気をつけるべきポイント

水平と左右対称に気をつける

水平を気をつけるのはガラス玉のとき以外に写真を撮るときにもだいじなポイントです。広い景色を撮る場合は特に地平線や水平線が水準になることが多く、水平が取れていないとパッと見たときに不安定に見える場合が多いです!

こちらが水平が取れてない写真です!
背景にある水と岸の境界線が斜めに上がっています。
ガラス玉を使用して撮影した写真

水平になるようにレタッチアプリで調整するとこうなります!
ガラス玉を使用して撮影した写真

また左右対称も気をつけましょう!
ガラス玉は球なので中心から左右どちらかに位置がずれているとけっこう気になります。

物理的なのですが、しっかり脇を締め息を止めましょう!笑

あえてガラス玉を寄せるとしたら写真を3分割したところまで寄せてしまうと締まって見えます!!

ガラス玉を使用して撮影した写真

この写真の場合は、玉ボケとガラス玉を対象的な位置に配置しています!

f値を少しあげる(絞る)

fを下げるんじゃないの?と思った方、今回はf値を少しあげてみましょう!
f値が低すぎると、ガラス玉すべてにピントが合わずにボケっとした写真になってしまいがちです。

f1.4で撮影した写真がこちらです!

ガラス玉を使用して撮影した写真

これを調整して、f5.6で撮影するとこうなります!

ガラス玉を使用して撮影した写真

ガラス玉全体にピントが合っているのでくっきり見えます。
背景がボケすぎて景色が伝わらないこともあるので注意が必要です!

f値はあくまでフルサイズでのものです!
APS-Cやマイクロフォーサーズの場合は適宜f値を調整してください!

iPhoneは比較的ボケにくいカメラとレンズなのですが、逆にボケない方が景色を伝えることができるので、私はiPhoneで撮影することが多いです!
(※記事内で使われている正方形の写真はiPhoneで撮影した写真です!)

直射日光には特に気をつける!

これがもっとも大事です!!
直射日光の場合は細心の注意を払ってください!

ガラス玉は球面なので、光の屈折によって入ってきた光を1点に集めてしまいます。
球の場合、球に近いところに光を集めるので、太陽と反対側に手があった場合、10秒もたたないうちにやけどを負ってしまう場合があります。

そこだけ気をつければたくさんの幻想的な写真を撮ることができますよ!



おすすめのガラス玉越しの世界

それでは具体的に、どんなところにかざすと写った写真がきれいに見えるのか、おすすめのガラス玉越しの世界と題して紹介していきたいと思います!

定番の海です!!

ガラス玉を使用して撮影した写真

目の前が開けている場所でガラス玉をかざすと海と空が逆さに写りとても幻想的です!
撮影のときのポイントは水平を合わせることです!水平線が水準となるので、すこし斜めになっているととても目立ってします。
斜めになった場合は、レタッチの際に、回転させて水平を保つと良いです!

海の場合マジックアワーを狙うのもおすすめです!

ガラス玉を使用して撮影した写真

マジックアワーとは「日の出直前と日没直後の数十分の空の綺麗な時間帯」のことをいうのですが、ガラス玉との相性抜群です!!

関連記事:幻想的に空が染まる魔法の時間。マジックアワーを撮影するコツとは

空や雲

海と同じようにガラス玉の中に入れると綺麗なのが、空や雲です!
海と同時に写すのもいいですが、雲が流れている空にガラス玉を掲げて撮ると幻想的です!

ガラス玉を使用して撮影した写真

空にかざす場合はくれぐれも太陽光の先が指にかからないようにお気をつけを!

春は絶対撮りましょう!!!
ガラス玉を買ってからよく持ち出すようになったのが春ということもありたくさん撮りました!

ガラス玉を使用して撮影した写真

1つの花がきれいに咲いているものよりも、たくさん咲いているものを撮るのがおすすめです!

ガラス玉を使用して撮影した写真

イルミネーションや木漏れ日などのキラキラした光

最後におすすめしたいのが、イルミネーションや木漏れ日などの光
タイトルが長いですね。反省してますよ...。これ以上いいのが思いつかなかった...

これらを紹介する理由は一つ!玉ボケがとても綺麗だからです!
ガラス玉にピントを合わせると後ろにあるキラキラした部分がすべてまん丸にボケてとても綺麗です!!

ガラス玉を使用して撮影した写真

キラキラとガラス玉の距離をあけるか、ガラス玉をカメラに近づけると玉ボケが大きくなりますよ!
玉ボケの詳しい説明はこちらの記事を見てみてください!

関連記事:キラキラ写真を撮ろう!!玉ボケを簡単に撮影する3つのコツ!



まとめ

いかがだったでしょうか!
かばんに一つ忍ばせておけばおもしろい写真の種になってくれそうなガラス玉。
おひとついかがですか?
それでは!!

(この記事に使ったガラス玉は60mmのものです。)


お気に入りの記事は右下にあるハート型の「スキっ!」ボタンを押して保存しましょう!

新着記事はTwitterLine@でお知らせしています!ぜひフォローしてください!!


使用したカメラ

EOS 5D Mark II

EF50mm F1.4 USM

iPhone

キーワード

  • 幻想的
  • 水辺
  • マジックアワー
  • ガラス玉

このライターの他の写真通信

一眼レフ Original

2017.12.22

キラキラ写真を撮ろう!!玉ボケを簡単に撮影する3つのコツ!

一眼レフ Original

2018.01.08

雨は憂鬱?そんなことない。雨だからこそ写真を撮りに出かけよう!

写真のあれこれ Original

2018.02.06

いつもの撮影にアクセントを!景色を全部とじこめよう。ガラス玉写真のススメ

一眼レフ Original

2018.02.07

フレアを撮るならこのレンズ!!噂のオールドレンズ「takumar 55mm f1.8」って?