Photoli

Original
写真通信 2018.07.28

[おすすめフィルムカメラ]空気を切り取ってくれる私の相棒。Pentax SPのススメ

Original

こんにちは、碧です。

皆さんはフィルムカメラというものを知っていますか?
なんとなく敷居が高い、お金がかかる、操作が難しそう、なんてマイナスのイメージを持っている方もいるんじゃないでしょうか。
それでも、たくさんの種類のフィルムや慎重に露出を合わせシャッターの切る緊張感、現像を待つドキドキ感。実際に使ってみないとわからない、写りだけではない様々な魅力の虜になる人は少なくありません。

私もその1人で、今では6台のフィルムカメラを使っています。今回はその中でも一番気に入っているカメラ、(なんなら愛して止まないくらい大好きな)PENTAX SPというカメラについて紹介したいと思います。

「フィルムを始めてみたいけどどんなカメラがいいんだろう?」と悩んでいる方に是非知ってほしいカメラです。

はやく紹介したくてそわそわしています!
それではいきましょう!

私の相棒。「Pentax SP」

そもそも私が初めてフィルムカメラを知り、その魅力にはまって始めたのは東雲リンゴさんというかたの写真を見たことがきっかけです。

私の相棒。「pentax sp」

私の相棒。「pentax sp」

彼女の撮る、デジタルでは出せない色合いや質感に惹かれ「こんな写真を撮ってみたい!」と感じました。

フィルムを始めようと決心したものの、どんなカメラがいいのか全く知らない私は

・当時持っていたオールドレンズ、ヘリオスを使える
・比較的安い
・初心者でも使いやすい

この3つの条件に合うカメラを探しました。
そこで勧められたのがPentaxSP、写りも何も調べず買った初めてのフィルム一眼でした。

出会いはあまりにも軽いものだけど、手持ちのカメラが増えた今でもメインで使っています。
私の相棒。「pentax sp」



愛すべきPentax SPのいいところ

なぜPentax SPを買うことになったのか、選んだ理由を3つにわけてご紹介しますね!

安くて質のいいものが買えること

まずなんといっても安いということ。
当時高校生1年生だった私でも手が伸ばせるほどのお値段でした...ありがたい..。
Pentax SPはフィルムカメラの全盛期に大量生産されており、今でも完動品を安く買うことができます。私が買った時はスーパータクマーというレンズとセットで5000円程度でした。

機能がとてもシンプルだったこと

そして二つ目の長所は機能がシンプルなところです。
弄れる場所といえばシャッタースピードと絞り、あとはiso感度ぐらい。
SPを買った頃の私はフィルムカメラの使い方の知識なんて全くない状態( そもそもシャッタースピードと絞りの関係もイマイチわかっていない状態 )でしたが、必要最低限の機能しかないので、露出を合わせるためにカメラをひたすらいじっているうちにだんだんと感覚でわかってくるようになりました。

写りがかわいい。カメラもかわいい。

正直むずかしいことをごたごた述べてきましたがこれに尽きると思うのです。
愛すべきpentax spのいいところ

愛すべきpentax spのいいところ

愛すべきpentax spのいいところ

愛すべきpentax spのいいところ
愛すべきpentax spのいいところ

SPで撮ったものはどれもその場の空気感が写っていて、今1番気に入っているこの桜の写真にも撮った時に感じた澄んだ空気が写っているように感じます。
愛すべきpentax spのいいところ

愛すべきpentax spのいいところ

柔らかい質感にすっきりとした光の入り具合、SPはファインダーを覗いた時に期待したまんまの写真を映してくれること間違いなしです。

そしてSP自体の見た目です。
もうなにも言わずにみてください。かわいくないですか!?
愛すべきpentax spのいいところ

私はカメラと長く付き合うために写りの次に大切な要素だと思っています。
シンプルでバランスの良いTheカメラな感じのボディに光が目一杯入るレンズは、いくら撮っても撮り飽きない可愛さです。
撮るも優秀撮られるも優秀なSP、一度使うときっと手放せなくなってしまいます。



使ってみてわかるPentax SPの使いづらいところ

ここまでベタ褒めしてきたSPですが、ほんの少し使いづらく感じる点もあります。

シャッタースピードが1/1000までしかない

まず最初の弱点はシャッタースピードについて。
晴天、曇り、雨、室内などフィルムさえ変えればどんな状況でも使えるカメラですが、実は逆光(つまり光が多くカメラに入ってくる場面)が少し苦手です。
太陽に透かされる葉っぱを綺麗だと思って撮っても白飛びしちゃった、なんてことがたまにあります。

使ってみてわかるpentax spの使いづらいところ

慣れてくると機能が少し物足りなく感じる

もう一つの弱点は機能について。
さっきお話した機能のシンプルさ、ある程度フィルムカメラに慣れると物足りなく感じるかもしれません。
他のカメラならあるシャッター優先モードや絞り優先モード(シャッタースピード、絞りを決めると他の値を調節して撮ってくれる機能)がなかったり、多重露光ができなかったり。
すこし慣れてくると欲しいなと思う機能がないので残念に思うこともあります。



Pentax SPの作例

いかがでしたでしょうか!
私のSPちゃんに対する愛伝わりましたか?伝わりましたよね?
機能がシンプルで使いやすく、しかも見た目も可愛く写りも言うこと無しなPentax SP。きっと色んなところに連れて行きたくなります。最初のフィルムカメラとして仲間にみてはいかがでしょうか。

最後に大好きなSPで撮った私の思い出達をのせるのでぜひご覧ください!
それでは!!

Pentax SPの作例

Pentax SPの作例

Pentax SPの作例

Pentax SPの作例

Pentax SPの作例


お気に入りの記事は右下にあるハート型の「スキっ!」ボタンを押して保存しましょう!

新着記事はTwitterLine@でお知らせしています!ぜひフォローしてください!!


使用したカメラ

Pentax SP

キーワード

  • フィルムカメラ
  • フィルム
  • Pentax SP
  • おすすめフィルムカメラ

このライターの他の写真通信

フィルムカメラ Original

2018.07.28

[おすすめフィルムカメラ]空気を切り取ってくれる私の相棒。Pentax SPのススメ