Photoli

Original
特集 2018.11.03

広角好きフォトグラファーがオススメする!絶対に行きたい関東の絶景5選

Original

[この記事はRentioの提供でお送りいたします]

全国1億2000万人の広角レンズファンのみなさまこんにちは。
景色が素敵な場所には超広角レンズを持って行って、ファインダーを覗いては、うおぉぉん。と唸っているフォトグラファーの涼です。

今回は、広角レンズをほしいと思っている方や、広角レンズを持っているけれどどこで撮ったら良いのかわからない方にぜひ読んでもらいたい記事です!!
実際に足を運んだ私がおすすめする関東にある広角レンズがめちゃくちゃ映える絶景を5箇所、紹介していきます!

どこもかしこも、日本ってすごいーーーっってなるものばかりです。この記事を読み終わったあとにはきっと週末に足を運ぶ計画を立てていることでしょう!

それでは、参りましょう!

焼けた空を写す海に電信柱が続く。江川海岸。

まずはこちら。
千葉県君津市にある江川海岸。

焼けた空を写す海に電信柱が続く。江川海岸。

夕焼け綺麗じゃないですか..?
この記事を書くと決まって絶対に紹介したかった場所です!

海の中に電信柱が続いているとSNSで話題になった場所ですね!

もちろんその光景も綺麗なのですが、そこから見える開けた海が最高です。
お昼に行ってもとっても良いのですが、なにより夕方の空が焼けた頃は格別です。ぜひ行ってみてほしいです。本当に感動します。

もちろん、広角レンズを持って!笑
ちなみに昼はこんなかんじ

焼けた空を写す海に電信柱が続く。江川海岸。

そして夕方になると一気に雰囲気が増します。

焼けた空を写す海に電信柱が続く。江川海岸。

焼けた空を写す海に電信柱が続く。江川海岸。

だんだんと日が落ちて暗くなっていく明暗のグラデーションと、青からオレンジへと変わっていく色のグラデーションがたまらないです。



定番の観光地。けれど広角は必須。江ノ島

お次は江ノ島!!
関東に住んでいる方だったら行ったことがある人も多いのではないでしょうか!

定番の観光地。けれど広角は必須。江ノ島

街並みももちろん素敵なのですが、広角レンズで撮りたい絶景が多いです!

江ノ島本島

片瀬江ノ島駅から降りて島の方に向かう途中、橋の時点でかなりきれいです。わくわく

定番の観光地。けれど広角は必須。江ノ島

そこから島に入ってメインルートではない小道を入っていくんです。意外ですか?しかしそこには様々なすてきな景色が広がっているのです!

定番の観光地。けれど広角は必須。江ノ島

定番の観光地。けれど広角は必須。江ノ島

島の反対側まで行くと海の近くまで降りていくことができて、そこでも広角レンズが大活躍です!

定番の観光地。けれど広角は必須。江ノ島

散策中、道自体がきれいなのでたくさん撮ってみてくださいね!!

定番の観光地。けれど広角は必須。江ノ島

海岸

言わずもがな、海岸はフォトスポットです!
晴れていると夕焼けがなんともいえずきれいです。

定番の観光地。けれど広角は必須。江ノ島

広角レンズをたくさん使ってみて平行をしっかり維持するというのがかなり重要なポイントなんだなぁと気づきました!



広角で撮りたい港町。横浜

他の4スポットが自然系だったのであえて紹介したい街、横浜です!
風に吹かれながらをカメラ片手に散歩する一時は港町ならではの気持ちよさだなぁと思います!

横浜駅~みなとみらい

横浜駅の東側からでてみなとみらいのほうに歩いていくとビル群から海へとだんだん変わっていきます!

駅を出てすぐは

広角で撮りたい港町。横浜

こんなかんじなのに

だんだんと港っぽくなり端まで来ると遠くまで見渡すことができます!

広角で撮りたい港町。横浜

うん、気持ちがいい。

山下公園~大さん橋

なによりおすすめなのが元町中華街の方面です!
デートスポットとしても有名な山下公園ですが、フォトスポットとしても素敵です!

広角で撮りたい港町。横浜

ロープに止まっているカモメもかわいい..!

山下公園を抜けて大さん橋まで歩くと、夕焼けが心地良すぎます...。

広角で撮りたい港町。横浜

ちょうどこの日は船の出港だったようで港が賑わっていました。豪華客船の旅...。いきたいですね。

広角で撮りたい港町。横浜

大さん橋からは対岸にある赤レンガやランドマークタワーも見ることができて圧巻です。

広角で撮りたい港町。横浜

海ばかり撮っていると比較的単調な写真になりがちなのですが、船を入れると締まりがよくなります!

広角で撮りたい港町。横浜

フォトスポットとしてでもデートスポットとしてでも、横浜の街とってもおすすめです!!



自然豊かな湖の街。箱根

生粋の温泉好きフォトグラファー(?)としてはここもおすすめしたいです!
自然が豊かで湖がきれいで温泉があって...。この記事を書くと決まってすぐに行くことを決定した場所です!笑

芦ノ湖

ぜひ足を運んでもらいたいのが芦ノ湖です!
遊覧船乗り場からでも

自然豊かな湖の街。箱根

箱根神社のほうからでも

自然豊かな湖の街。箱根

芦ノ湖は広いので様々なところからきれいな景色をみることができます!そしてどこからでも対岸にある自然の様子や、すぐ近くまで来ている波を感じながら撮ることできます!

遊覧船乗り場付近は猫がたくさんいました!隠れた見所かもしれません!

自然豊かな湖の街。箱根

ちょっと散歩しただけで4匹ほど遭遇しました!

九頭龍神社

九頭龍神社はすこしアクセスが悪いところにあるのですが、だからこそきれいな景色が見られます!

自然豊かな湖の街。箱根

自然豊かな湖の街。箱根

行く途中には湖と森がきれいに重なっている場所が多くて落ち着きます。

自然豊かな湖の街。箱根

これからの時期は紅葉なのでもっときれいな湖が見れるんだろうなぁと思って、今からわくわくしています。
ちなみにこのあと温泉に入ってある絶景を見たのですが、カメラ持ち込み禁止(あたりまえ)なので見てみたいかたはぜひ足を運んでみてくださいね!!



透き通る海の色。勝浦

関東の海って透き通ったところが少ないんですよね...。
湘南だったり江ノ島だったり..。
しかしここは違います。千葉県にある勝浦!!

透き通る海の色。勝浦

高いところから写真が撮れるし、近づいてみると透き通った海が撮れるし至れり尽くせりです!
こんなきれいなところが千葉にあるなんて...。今まで知らなかったのが悔しい!

八幡岬公園

小高い丘を登ったところにある公園で邪魔になるものがなく撮ることができます!

透き通る海の色。勝浦

木があったり柵があったりけっこう邪魔になるものがあると撮りづらかったりするんですよね..!

透き通る海の色。勝浦

海沿いが入り組んでいるので海一面という写真ではなく、ちょっぴり陸も撮れていいかんじです!

守谷洞窟

透き通る海の色。勝浦

めっちゃよくないですか?
関東にはめずらしく白浜があります..!
ここだけでも来てよかったと思えるのですが、奥の洞窟を通って行くと岩場にいくことができます!
ここがまたきれいなんです。

透き通る海の色。勝浦

透き通る海の色。勝浦

波が岩にあたって弾ける様も撮ることができます!

透き通る海の色。勝浦

ぜひ行ってほしいフォトスポットばかりで困ってしまいますが、こちらもぜひ訪れてみてほしいです..!笑

鵜原理想郷

最後に紹介するのがここ!鵜原理想郷!
小高い山全体が観光地となっていて、高いところからいい写真がたくさん撮れます!

透き通る海の色。勝浦

やはり勝浦は海がきれいです..。
一瞬、え!?沖縄ってなりました。そのくらいのきれいな海です。

透き通る海の色。勝浦

海だけでなく丘の上も映えます。
青空だと余計気持ちがいいです。

透き通る海の色。勝浦



Rentioで借りるならこのレンズ!

今回も何度もお世話になっているRentioをまた利用しました!
他のサービスではほぼ必須な証明書が必要なかったり、返すときに届いたダンボールにそのまま包んでコンビニに返せば良かったりと、かなり使い勝手がよいです!

一度は試してみたいレンズをちょっと借りるのに最適なサービスなので、旅行やお出かけの際に利用してみてはいかがでしょうか!
参考までに今回利用したレンズや絶景旅におすすめのレンズを紹介していきます!

使用したレンズ

今回使用したレンズです!!
どれも描写といい使いやすさといい最高でした..。

富士フィルム用広角レンズ、使いやすくてびっくりしました。ほとんどこれで撮影しています!
FUJIFILM フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS

シグマのキャノン用レンズ、12mmという広さが特徴の便利ズームです!
Sigma 12-24mm F4 DG HSM (キヤノンEFマウント)

広い景色が撮れるレンズ

キャノン用広角レンズ、Sigma Artシリーズの単焦点レンズ
Sigma Art 24mm F1.4 DG HSM キヤノン用

キャノンミラーレス用の広角レンズ
Canon EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM EF-M11-22ISSTM

キャノン用広角レンズ、Sigma Artシリーズの単焦点レンズ
Sigma Art 24mm F1.4 DG HSM ニコン用

ソニー用広角レンズ、取り回しのしやすさがいいレンズ
SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z

レンズではありませんがGoProも広角で撮影できます!
GoPro HERO7 Black

他のさまざまなレンズもたくさんあるのでアクセスしてみてください!
Rentio



もはや広角レンズ持ってなくても行ってほしい。

そんなこんなで見てまいりました関東にある一度は行きたい絶景5選!
いかがでしたでしょうか!
広角レンズをかなり押しましたが広角レンズを持っていなくてもぜひ行ってみてほしいです!

これだけ開けた景色をみると日頃の疲れがすっとなくなる気がします!
ぜひみなさんも次のお休みに訪れてみてください!
それでは!

キーワード

  • フォトスポット
  • Rentio
  • 温泉
  • 広角

このライターの他の写真通信

一眼レフ Original

2017.12.22

キラキラ写真を撮ろう!!玉ボケを簡単に撮影する3つのコツ!

一眼レフ Original

2018.01.08

雨は憂鬱?そんなことない。雨の日だからこそ写真を撮りに出かけよう!

写真のあれこれ Original

2018.02.06

いつもの撮影にアクセントを!景色を全部とじこめよう。ガラス玉写真のススメ

一眼レフ Original

2018.02.07

フレアを撮るならこのレンズ!!噂のオールドレンズ「takumar 55mm f1.8」って?