Photoli

Original

すい

美しいものを、生きている間でどれだけ見ることができるかに人生は懸かっていると生き急ぐ京都の大学生。記憶を残しておくためにカメラをやっています。